占星学スクール開講のお知らせ

2020年9月より、オンラインで学ぶ占星学スクールを新規開講いたします。
天球をめぐる星々と、意識の階層のリンク。
大地に生まれたその瞬間の「主観的な」宇宙図。
わたしの生きる道と古代神話とのダイレクトで密接な繋がり。

アストロロジーの世界はロマンティックかつ叙情的でありながら、
幾何学的かつ構築的。

そこにあるのは女性的なものと男性的なものが美しく融合した壮大な宇宙観。


気軽な占いや性格診断のレベルを超えて、本格的に占星学を学んでみたいという方、また西洋神秘学を総合的に学んでみたいという方に向けたクラスです。


第一回目の内容は・・・
《9/26(土) 13:00 VIDEO公開》
ホロスコープリーディングの基礎

9月26日(土)に配信される初回クラスでは、
占星学のもっとも大切な根幹となる
基礎知識をお届けします。

天球という概念や黄道十二宮の基本的性格など、
占星学をまったく初めて学ぶという方に向けた
コンテンツが基本になります。

そこにプラスアルファして、
神秘学的背景を補完する
占星学的次元についての解説を加えた
スペシャルな内容です。

第一回の動画はトータル四時間程度を予定していますが、
パートごとに分けたデータになっていますので、
ご自身のタイミングとペースに合わせて
視聴していただけます。

1-1
レイヤー構造と次元
意識の構造と占星学の神秘学的背景について
古代バビロニアに起源を持つと言われる占星学。その宇宙観とはどのようなものだったのでしょうか? 
1-2
天球と主要感受点について
ホロスコープリーディングのための基礎知識1
天球とは地上の観測者を主体とした星空の座標。そしてそれはわたしたちの心の座標でもあります。
1-3
12サインと10天体
ホロスコープリーディングのための基礎知識2
黄道を12分割した12のサイン。そして占星学の主要天体として取り扱われる太陽系の星々について。
1-4
二区分、三区分、四元素
ホロスコープリーディングのための基礎知識3
12サインを特色づける「性質の区分け」について。それぞれのサインの類似と差異を比較して理解します。
1-5
12ハウスについて
ホロスコープリーディングのための基礎知識4
人間の地上的生活を占う際に欠かせない12ハウスの特色と読み方について学んでいきます。
1-6
自分のバースチャートを出してみる
ホロスコープリーディング練習
実際にホロスコープ作成サイトを利用しながら自分のバースチャートを出して研究してみます。
1-2
天球と主要感受点について
ホロスコープリーディングのための基礎知識1
天球とは地上の観測者を主体とした星空の座標。そしてそれはわたしたちの心の座標でもあります。

10月24日(土) 13:00 VIDEO公開:
第二回

「アスペクトを読む」

占星学とは異なるサイクルとパターンをもつ感受点同士の「関係性」を読み、研究するもの。占星学の主眼ともいえる「アスペクト」のテーマを第二回目でしっかりと掘り下げていきます。自分のバースチャートや研究課題となるチャートを使ってアスペクトの特性を掴んでいきます。

11月28(土) 13:00 
VIDEO公開:
第三回
「星座神話とアーキタイプ」

第三回目ではホロスコープを心理学的に掘り下げて深くリーディングする手法をテーマにします。キロン、リリス、ドラゴンヘッド&テイルといった個人のシャドウ(人格の暗部)に関係する感受点を読み解いていきます。

12月26日 (土)13:00 
VIDEO公開:
第四回
「サイクルと予言、外惑星」

第四回目では木星、土星以降の「大きな時間サイクル」を担当する天体にフォーカスしながら時代性や集合意識といった個人の人生を超えた世界とのつながりについて掘り下げていきます。人類の意識進化の地図としての占星学について。

1月23日 (土)13:00 
VIDEO公開:
第五回
「トランジットとプログレス」

第五回目ではトランジット(現在運行中の天体からの影響)とプログレス(年齢によるバースチャートの変化)にフォーカスしながら、黄道360度の度数による特異性を深堀りしていきます。数秘術についても取扱います。

2月27日(土)13:00 
VIDEO公開:
第六回(最終回)

「神秘思想と占星学」

最終回では、古代オリエントにて盛んだった星辰信仰とそこから発展した様々な神秘思想について掘り下げます。人間文明の黎明に占星学が果たした役割について。

各回定価10000円のところ・・・

まとめ買い割引

全6回まとめ買いで20%割引
全6回 60000円48000円
全6回のクラスをまとめ買いしていただくと、
クラス代金総額から20%割引になります。
さらに下記の特典もお付けします!

まとめ買い特典

【特典】ライブ配信での2回の補講
(アーカイブ有)

◉【補講1】11月7日(土)13:00-14:30
◉【補講2】2月6日(土)13:00-14:30

クラスの内容に関する質問に答えたり、補足情報などをお伝えするライブ配信の補講を2回設定しています。
全6回まとめ買いした方のみ、無料でご参加いただけます。
セット内容

■第1回目〜第6回目までの全クラス動画(9月より毎月第4土曜日に配信)
■【特典】2回のライブ配信補講




9月26日配信の占星学第一回クラスのみを単品購入。






このクラスの特色

岡崎直子の占星学スクールでは、通常の占いとしての占星学以上に自分自身のホロスコープを深く掘り下げて感情的安定と、自然な成長への意欲を回復させることを目的としています。

ここで言う「成長」とは、社会的現実に単純に適合していくことではなく、より広い視野で自分の「マインド(心)」を俯瞰し、時代に押し流されない生きる軸を確かにしていくことです。

ヘルメス学の言葉で「宇宙とはマインドである」という表現があります。

心について知り、それを養っていくことは、古来神秘主義者たちにとって人間のほんとうの才能を取り戻すための重要なステップでした。

現代人にとっても占星学は希薄になりつつある霊的本質とのつながりを回復させる重要なツールであると考えています。

そのような目的をもった占星学の取扱いについて講義していきたいと思います。

VOICE
(「創造時代の占星術」ご参加の方の感想)

どうもピンとこない…と感じていた星座への解釈が、格段に広がりました (Y.Lさん 30代・女性)

占星術の背景にある深い哲学と、その真価はどこから発揮されるのか?についての、知の教養を学ぶことができる、感動の体験でした。
昨今、星読みの技術やデータを学べる講座も書籍も数多くありますが、私たちはそもそも何のためにどう占星術を扱う存在なのか?という、核心に響く前提の概念を、ここまで分かりやすく伝えている講座はないのではと思います。

自分の中に新たな発見と覚悟を感じることができました (M.Yさん 30代・女性)

固定概念を壊し、再構築する。その大切なプロセスを疎かにせず、ガツンと破壊力を持って、今まで構築してきた“常識”をぶち壊し、新たな概念をダウンロードしていく。受講者に寄り添い、このステップをきちんと踏むからこそ、ホロスコープを読んだ時に得られる驚きと新たな発見があったように思います。

占星術がこんなに自分の身近で関わっていたことへ親近感を感じました (30代・女性)

ホロスコープを読めるようになりたかったのはもちろんでしたが、その前提にあるワタシとワタシの世界を観る、最近感じていた取り戻さないといけないという思いがよりかきたてられました。なにかあるとすぐに世間の世界や他者の世界に入ってしまう癖が知らず知らずに住み込んでいる事実を受け止め、もうその癖を手放さないと自分の世界を手放すことになるのだと。。
両極にある真反対にみえるけど実は1つに繋がっている。繋ぐことができる。それをワタシが繋ぐのだと。今、この肉体を持っている間に本当にやりたい欲望をどれだけ叶えてあげれるか。星や惑星たちのチカラを発揮できるか。
まだ頭の中でいろんなことがぐるぐると巡っていますが、この今、ワタシとして生きてる間に直子さんの創造時代の占星術を受講できたことを幸せに思います。
オンラインからでしたが関われたことに感謝します。

新たな視野が広がり、とても興味深かったです (M.Hさん 40代・女性)

まず、驚いたことはレイヤー構造の考え方でした。今まで、自分が理解していた次元は、ユークリッド幾何学の次元で、それは先端の考え方ではなく、かえって幅をせばめてしまっているということに気がついて欲しいという直子さんのお話に最初から頭の中のシステムが変わるかのようでした。
今まで、ホロスコープとして平面の表で考えていたことが、立体の球体で考えるのだと知りました…すると、今までみてきたホロスコープの表とは、別のものだと感じました。
このことでまた、自分が変化する予感がします。

自分の中に新たな発見と覚悟を感じることができました (M.Yさん 30代・女性)

固定概念を壊し、再構築する。その大切なプロセスを疎かにせず、ガツンと破壊力を持って、今まで構築してきた“常識”をぶち壊し、新たな概念をダウンロードしていく。受講者に寄り添い、このステップをきちんと踏むからこそ、ホロスコープを読んだ時に得られる驚きと新たな発見があったように思います。

講師プロフィール

岡崎直子 Naoko Okazaki
2003年国際基督教大学(ICU)卒。同年株式会社小学館入社。CanCam等の編集に7年携わる。2017年起業。リベラルアーツラーニングサロン「Crossing」主催。占星学、タロットなど各種クラスを不定期に開催。

◆小学館「Oggi」今月のあなた ◆講談社「ARIA」星座男子 など占い連載を経験。