Hermetic Tarot & Activation of Merkabah

リベラルアーツラーニングサロン
Crossing

一度たりとも悩んだことなどない、
自信をなくしたことも、
希望と愛を見失ったこともない、
永遠の主体の棲み家へと
意識の引っ越しをする。


ヘルメティックタロットと
メルカバーの起動。


受動的快楽に踊らされ
バラバラにされた魂を取り戻し、
大好きな世界を復活させる。

コンセプト - concept -

ヘルメティックプリンシパル(ヘルメスの7つの原理)を知り、意識のレイヤー構造を幾何学(形)としてはっきり理解する。
実践的にタロットカードを扱いながら、ヘルメス学の基礎を理論だけでなく体感的に学ぶ。
新しい時代の生き方を考え、本当に訊くべき質問を見出す。ほんものの希望へ方向性を持つための正しい問いを立てる力を高める。
ハイヤーセルフというコンセプトを「階段」にして、自我の外に生きる「永遠」感覚を目覚めさせる。
ハイヤーセルフというコンセプトを「階段」にして、自我の外に生きる「永遠」感覚を目覚めさせる。

ヘルメティックタロットとメルカバーの起動

エメラルドタブレットの叡智を解き明かす
多くのアルケミストやオカルティストたちにとっての「聖典」。
グノーシス主義や新プラトン主義、カルデア占星学やピタゴラスの幾何学・数学などを取り入れてまとめられた「ヘルメス文書」。
ヘルメス・メリクリウス・トリスメギストス(三倍偉大なヘルメス)によって編纂されたとされるこのヘルメス文書は、伝説としても、ひとつの目的によって体系立てられた思想としても、神秘思想の源流と呼ぶにふさわしいものです。

現代人が「神」と曖昧に呼んでいる概念(コンセプト)。
それは科学者にとっては「真理」であり、芸術家にとっては「美」であり、宗教家にとっては「善」であり、市井の人々にとっては、この人生や世界には、なにか大切な「意味」があるのだという感覚そのもの。

しかし情緒的になりがちなこの「神」というコンセプトを感覚的にではなく、論理的に、「否定しがたい事実」として、解き明かし語らんとしているのが、まさにヘルメス文書であり、ヘルメス学なのです。

神の存在証明。
それこそが、ヘルメス学の太古からの揺るぎない目的であり、存在理由そのものです。

神は在るのだ、と直観するだけでは不十分。
神に見守られている者として、善なる人生を生きようというだけでも不十分。
わたしと神はイコールなのだと情緒的に強がるだけでも不十分。
ならば逆に、神などいないと徹底的に疑うことで科学的・論理的に反証を求めるだけでも不十分。


神の似姿として、人生や生命について自己決定権があるのだと思い込んでいる「自我」は、「わたし」という意識はそれひとつだけでは成立し得ないという事実を見落としている。


わたしという意識がいまここに存在しているということ。
そのリアリティが現前するためにかならず必要なことを解き明かしていくと「神」という意志がかならずそこに導き出される。
大雑把にいって、ヘルメス学とはそのための思考の様式です。


あなたの目の前にあるリアリティから、あなたの神への道筋を見つけていく。
そのための乗り物が、メルカバー(マカバ)と呼ばれる神聖幾何学です。







神の戦車「メルカバー」




※正四面体を二つ互い違いに組み合わせた形として表現される神聖幾何学。カバラの修行者が神秘のヴェールを超えて接神体験する瞑想に用いる形相としても知られている。



自我ではない生き方のために

「自我を解体する」というテーマについて、2017年ごろから意識的に発信してきましたが、例えば「幼少期からのトラウマをどう乗り越えるか」「仕事だからって好きじゃないことをやり続けたくない」「もっと本音で生きていきたい」などの命題はどれも「自我の側から見て」どう自我を乗り越えるか、という問いの立て方でした。

しかしヘルメス学の言う「神の存在証明」がほんとうの意味で腑に落ちるということは、主体の位置がもはや「自我」にはいなくなるということです。

それは、どうやったら「わたし」は幸せになれるのか、どうやったら「わたし」は認められるのか、といった承認欲求の悩みが、その前提からキレイさっぱり消えてしまうということでもあります。


悩まなくなるし、幸せになるし、死ななくなる。

もっと言えば、そもそも悩んでなどいなかったし、幸せだし、永遠である。そのことを思い出していくということです。


従来の社会的肩書きを超えたコミュニティ的活動や、「自分の気持ち」をいちばん大切にしてほんとうの仲間を見つけたいという最近流行の感覚は、自我が、自我であることからどうにか脱出しようとしているもがきでもあるでしょう。


ほんとうの他者とのつながりは、わたしたちが「自我」であることをやめて、「神」として生きることを選ぶことからはじまります。

(逆に言うと、「自我」であることに固執し続けたままコミュニティ活動や仲間探しに奔走しても、結果はまたコミュニティ内でのポジション争いや承認欲求に振り回されるだけとも言えます。)


「神」になる、なんてずいぶん大それたことにも思えますが、その意味するところは実はとても自然でリラックスしたものです。


自我であることをやめた主体……悩まない、幸せな、永遠の、喜びに満ちた主体たちが、これから新しく神々のコミュニティを作っていく。

コミュニティ活動や「ほんとうの仲間を求める」情熱の、本質がここにあります。


主体意識が「神」の位置へ引越ししたがっている。
今まで「自我」が作り出してきた価値観に、もう違和感を感じている。


ほとんど焦りにも似たこの「生まれ変わりたい」という欲求は、しかし同時に「変わりたくない」という自我の反作用も生じさせています。


新しい世界への情熱とともに、自我を捨てるということに対する恐怖や迷いも、多くの人が感じていることでしょう。
今までの生き方や社会の価値観はもうだめだ、と分かっていても、じゃあどう生きればいいのか、というところに明確な目標が見えない。

「これ!」という確かな希望が欲しい。そうすれば、迷いなく行動していけるのに。
だけど、ほんとうに新しい世界、新しい生き方、新しい社会なんであるのか?
その保証がないから、前にも後ろにも進めない感覚を感じている方も多いことでしょう。



さて、だからこそ今「メルカバー」の起動が必要です。



神様の乗り物である「メルカバー」とは、実はまさに、主体を自我の位置から「神」の位置へと引越しさせる装置です。

メルカバーに乗って意識を遷移させていくこと。
この体験は、「新しい世界」は確かに実在するという確信を、与えてくれることでしょう。





メルカバーを起動させるために

さて、このクラスではヘルメス学の原理に基づいて構成された「ヘルメティックタロット」を手がかりに、メルカバーを起動させるための知識と理解を深めていきます。

メルカバーについて理解するために「ヘルメスの7つの原理」「メンタル・アルケミー」「位相幾何学(トポロジー)」といった概念について学びながら、実際にカードに触れ、その絵柄やキーワードを通して「神なる意識」として自我を観測する視点を体感していきます。


タロットカードの優秀なところは、カードという実際の物質を介することで、概念だけでは難しく感じる知識を体験的に掴み取ることができるところにあります。


ですからこのクラスは、タロットリーダーとしてクライアントや自分自身についてカウンセリングを行う、プロのタロティストにはもちろん、純粋に知識としてヘルメス学に触れてみたいという方にもオススメいたします。



ハイヤーセルフの意志を尋ねる

ヘルメティックタロットは、通常のタロットリーディングとは異なり、クライアント(占われる人)の意志ではなく、クライアントのハイヤーセルフの意志を訊くカードであると言われます。

ですからもちろん、このカードで自分自身を占う場合は、自分自身のハイヤーセルフと対話することにもなります。

「ハイヤーセルフ」という言葉はとてもスピリチュアル的ですが、日常語を使ってあえて大雑把に言うならば、それは、この世のあらゆる出来事に一切振り回されていない、「何も悩んでいない」意識のこと。

一度も悩んだことがない、自信を失ったこともない、喜びと慈愛から逸れたこともない、あなたの意識のある観察点。

ヘルメティックタロットを正しく使いこなしていくことは、あなたの中のこの感覚とのつながりの糸を、確かなものとして太くしていくことです。

自我の持っている様々な「現実的な問題についての恐怖」……お金、時間、年齢、才能、自己イメージ、人間関係、承認欲求、保証の無い未来、などなど……は、それらのあらゆる「悩み」が幻想だと分かり切っているハイヤーセルフの意識からすると、本来の生命の輝きと意図を歪めてしまうノイズでしかありません。

人生の迷路で迷ったら、背中に翼が生えて空を飛んでいるハイヤーセルフの視点に立ってみる。

そこからしか見えてこない答え、真実に立ち返ると、「ほんものの希望」がある方角が明解に見えてきます。

ヘルメティックタロットは、このハイヤーセルフとのアクセス回路として活用されます。




ヘルメスの7つの原理

ヘルメス学の根幹とも言える、森羅万象を動かし存在させている7つの基本原理を「ヘルメティックプリンシパル」と呼びます。自我として生きることをやめるということは、この7つの原理を自分の意志で使いこなしていくということでもあります。

自我として生きることをやめ、全く新しい主体として人生を再構築するとき、この7つの原理が創造のツールとしてとても役に立ちます。

「自我の外に出る」とどれだけ決意しても、その真新しく生き生きとした感覚はそれだけでは長続きしません。

日常の雑多なことや、周囲の人間関係、メディアを通じてやってくる情報などに影響されて、すぐにまた「自我で生きる」パターンに戻されてしまいます。

一旦自我のパターンに戻ってしまうと、希望の方向性を見失い、とにかく現実問題が簡単に解決する方にばかり意識が持っていかれてしまいます。


こうした元の木阿弥にならないためにも、「体感」と「ロジック」の両面から、「自我ではない主体」として生きる感覚・意味を掴んでおく必要があります。


7つの原理をしっかり理解して、希望の方向性を確かなものにしていきます。




Hermetic Principle

1
メンタリズムの原理
The Principle of Mentalism
宇宙はメンタルである。
2
万物照応の原理
The Principle of Correspondance
上にあるものは下にあり、下にあるものは上にある。
3
バイブレーションの原理
The Principle of Vibration
万物は振動している。
4
極性の原理
The Principle of Polarity
あらゆる真理は半分の真理である。
5
リズムの原理
The Principle of Rythm
上昇と下降、振り子のように、あらゆるものには平衡を保つリズムがある。
6
原因結果の原理
The Principle of Cause and Effect
因果律には多くの次元があるが、すべてが法則にしたがって起きる。
7
ジェンダーの原理
The Principle of Gender
すべてに男性原理と女性原理がある。
2
万物照応の原理
The Principle of Correspondance
上にあるものは下にあり、下にあるものは上にある。

コンテンツ - contents -

DAY1 エメラルドタブレットの叡智

ヘルメス文書としてまとめられている文献の中でも最も伝説的な碑文、エメラルドダブレット。そこに書かれている文章には、ヘルメス学の真髄が込められていると言います。謎めいた神秘的な言い回しを解き明かしながら、ヘルメティックタロットの背景にある哲学を基礎から学びます。
day1-1
ヘルメティックプリンシパル
ヘルメティックタロットは、デッキを通してヘルメスの7つの原理が働くように設計されています。まずは7つの原理について学び、カードに慣れていきます。
day1-2
ハイヤーセルフとは?
スピリチュアル界でハイヤーセルフと呼ばれる「上位の自己」について、意識のレイヤー構造を通して解説していきます。
「神」として生きる、というときにまずこのハイヤーセルフとは何者なのかについて知っておくことは大切です。
day1-3
四大元素とメンタルアルケミー
タロットカードに欠かせない「四大元素」について、アルケミーの観点から深く解説します。
ヘルメティックタロットを正しく取り扱うことは、メンタル・アルケミーを実践し、意識を変容させていくことでもあります。
Day1-4
ヘルメティックタロット実践1
具体的にヘルメティックタロットを取り扱いながら、ツールとして日常に活用する方法を体験していきます。
Day1-4
ヘルメティックタロット実践1
具体的にヘルメティックタロットを取り扱いながら、ツールとして日常に活用する方法を体験していきます。


DAY2 メルカバーを起動する

DAY2はメルカバーの幾何学構造と私たちの意識の対応について解説しながら、ハイヤーセルフとの対話としてのタロットリーディングをより深く学んでいきます。
また、自我として生きる年月の間に見失っている「魂」の一部を取り戻すことについて、DAY1で学んだメンタル・アルケミーを活用し、ワークをしていきます。
day2-1
メルカバーの幾何学
位相幾何学(トポロジー)の概念に基づいて、意識を「形」として再理解していきます。
day2-2
ソウル・リトリーバル
(魂のかけらを取り戻す)
自我は常に「傷ついている」「傷つきやすい」感覚を持っているものです。自分の繊細さを乗り越えられないために行動できない、という感覚から脱出するためのワークを行います。

day2-3
メジャーカードの言霊
ヘルメティックタロットのメジャーカードを掘り下げていきます。
カードに現れるキーワードを使って、メンタルをコントロールする、アルケミーの手法を学びます。
day2-4
ヘルメティックタロット実践2
ヘルメティックタロットの実践的なリーディング、スプレッドの方法を学びます。
自分自身にはもちろん、より深いリーディングを求めるクライアントに提供することもできるタロットリーディングです。
day2-4
ヘルメティックタロット実践2
ヘルメティックタロットの実践的なリーディング、スプレッドの方法を学びます。
自分自身にはもちろん、より深いリーディングを求めるクライアントに提供することもできるタロットリーディングです。

こんな方におすすめします

  • ヘルメス学や西洋神秘思想の源流について学んでみたい
  • タロットカードのより深い使いこなし方をマスターしたい
  • 直観力を高め、ほんものの希望を見出したい
  • 自我に振り回される人生から、創造的人生へとシフトしたい
  • 意識の構造を感覚ではなく、幾何学的かつ論理的に理解したい
  • 傷つきやすく繊細であるために逃しているチャンスをしっかりつかめるようになりたい
  • ハイヤーセルフの視点から見た、生きる意味、最も価値あるものについて知りたい
  • 人生のパターンを自我のリズムから創造的リズムへと変化させ、定着させたい
  • 自分自身やクライアントの人生に、より良いもの、楽しく幸せな価値観をもたらしたい
  • 魂の領域を奪う中毒的な習慣や雑多な情報の影響を浄化し、自分自身をしっかり守れるようになりたい
  • 社会や人生の状況がどんなに変わっても決して振り回されることのない意識の位置を見出したい
  • 自分を追い詰める「努力主義」に陥らずに、ワクワクしながら能動的になりたい
  • メンタルアルケミーを学んで、自分の感情をいつでも高く純粋な状態にしておきたい
  • マウンティングやポジション争いと無縁のほんとうの仲間に出会い仲良くなりたい
  • タロットカードのより深い使いこなし方をマスターしたい

当日までにご準備いただくもの - what you need -

ヘルメティックタロットカード

当日までにヘルメティックタロットのデッキを購入しておいてください。
Amazon等で1600円〜2500円程度で販売されています。

購入したタロットカードをクラス当日にお持ちください。

また、筆記用具やパソコンなどメモを取れるものをご用意ください。

参考文献 - books -

必須ではありませんが、より深く学びたい方には以下の参考文献をおすすめします。

エメラルド・タブレット(日本語訳)

引き寄せの奥義キバリオン―人生を支配する七つのマスターキー








日時・場所 - infomation -

会場 東京都 渋谷区の会場を予定(お申し込みの方に、決定後メールでお知らせいたします)

クラスルーム定員 12名

オンライン受講 遠方にお住まいの方は、YouTubeLiveを利用してオンライン受講していただけます。
視聴用URLは4月8日(水)にお申し込みの方にメールでお知らせいたします。

また、後日クラスの模様の録画データを見直していただくこともできます。(視聴期限は開催日から1年間となります)

※クラスの録画データはクラスルーム受講の方も後日ご覧いただけます。


受講資格 どなたでも受講していただけますが、ライダー・ウェイト版タロットカードおよび西洋占星術の基礎知識がある方が内容が理解しやすいと思います。

開催日 2020年 4月18日(土)・19日(日)の2日間のクラスです。

時間 両日とも13:00-18:00まで(開場12:45)

持ち物 ヘルメティックタロットカードのデッキ1セット
筆記用具・ノートなど


開催日 2020年 4月18日(土)・19日(日)の2日間のクラスです。



料金 - course fee -

クラスルーム受講
チケット
通常価格 100,000円(税込)のところ

★2月4日(火)までにお申し込みの方 超早割価格40%OFF 60,000円(税込) 
★3月3日(火)までにお申し込みの方 早割価格30%OFF 70,000円(税込)
★4月7日(火)までにお申し込みの方 最終割価格20%OFF 80,000円(税込)

オンライン受講
チケット
通常価格 95,000円(税込)のところ

★2月4日(火)までにお申し込みの方 超早割価格40%OFF 57,000円(税込) 
★3月3日(火)までにお申し込みの方 早割価格30%OFF 66,500円(税込)
★4月7日(火)までにお申し込みの方 最終割価格20%OFF 76,000円(税込)

レビュー割引 クラス受講後にレビューを書いてメールで送ってくださることをお約束いただける方は、クラス料金が表記からさらに5000円引きになるレビュークーポンをご利用いただけます。

【条件】
1.クラス終了後から2週間以内に、400字以上1500字以内のクラスの感想文を書いてメールで送っていただくこと。

2.お名前のイニシャルを書き添えていただくこと。

3.書いていただいたプロフィール及び感想文は、岡崎直子運営のWebサイトやSNS、フライヤー等に掲載させていただく
可能性があることをご了承いただくこと。

4.書いていただいた感想文は、掲載の際に途中を省力するなど、編集をさせていただく可能性があることをご了承いただくこと。(内容を書き換えるようなことはもちろん致しません)

上記の条件は理解していただけましたか?

YES

【jDmMGFkHre】

購入ページの決済画面のクーポンコード入力欄に、上記のクーポンコードをコピーペーストしてご入力下さい。
代金から5000円引かせていただきます。


プレゼント クラスルーム参加の方には、ちょっとしたプレゼントをご用意しております。お楽しみに!

プレゼント クラスルーム参加の方には、ちょっとしたプレゼントをご用意しております。お楽しみに!



クラスルーム受講チケット(定員12名)
通常価格 100,000円(税込)のところ

★4月7日(火)までにお申し込みの方 
早割価格20%OFF 80,000円(税込) 


オンライン受講チケット
通常価格 95,000円(税込)のところ

★4月7日(火)までにお申し込みの方 
早割価格20%OFF 76,000円(税込) 


主催者 - Navigator -

岡崎直子(おかざき なおこ)


2003年国際基督教大学(ICU)卒。
同年株式会社小学館入社。
CanCam等の編集に7年携わる。
2017年起業。リベラルアーツラーニングサロン「Crossing」主催。


お問い合わせ:lavalse.cosmicdance@gmail.com



エメラルドタブレット

これは真実にして嘘偽りなく、
確実にして最も真正である。

下にあるものは
上にあるもののごとく、
上にあるものは
下にあるもののごとくであり、
それは唯一のものの奇蹟を
果たすためである。

万象は一者の観照によって
一者に由って
起こり来たれるのであるから、
万象は一つのものから
適応によって生じたのである。

太陽はその父、
月はその母、
風はそれを胎内に運び入れ、
地はその乳母である。

全世界における
あらゆる完成の父はここにある。

それが地に転じるならば、
その力は円満となる。

地を火から、
微細なものを粗大なものから、
非常なる勤勉さで
丁寧に分離するがよい。

それは地から天に昇り、
ふたたび地へと降って、
上位のものと下位のものの
力を受けとる。

この方法によって
そなたは全世界の栄光を得、
それによって一切の無明は
そなたから去るであろう。

その力はすべての力を凌ぐ。
それはあらゆる精妙なものにも勝り、
あらゆる堅固なものをも穿つからである。

かくて世界は創造された。

これに由って来たるところの驚くべき適応、
その方法(もしくは過程)は
ここにある通りである。

ゆえにわたしは
全世界の哲学の三部を具するをもって
ヘルメス・トリスメギストスと称される。

太陽の作業について
わたしの語ったことは完遂し畢る。



エメラルド・タブレット
(アイザック・ニュートンによる翻訳の和訳)